車はRAV4!思い出は旅行と結婚!

RAV4

画像引用元:みんカラ

僕は大学を卒業する前に、中古の車を1台購入しました。

それはRAV4です。そのRAV4はキムタク(木村拓哉)がCMをしていた車で

僕はかっこいいなと思いその車種を選びました。

その車は約13年間、20万キロ以上乗りました。

その思い出はたくさんあります。

スポンサードリンク

RAV4との思い出!

僕はその車を買った当初は独り身だったので、

友達と出掛ける時を中心に乗っていました。

RAV4で僕が住んでいた大分から四国に旅行に行ったり、

広島の原爆ドームに行ったり、島根の出雲大社に行ったり、

長距離の旅行に行く際は電車ではなく必ず車で行っていました。

夜に高速を走りながら友達とワイワイはしゃぎながら遊びに行ったことを思い出します。

無邪気で楽しかったです。

彼女との出会い!

そして、もう一つ思い出深いのが28歳の時に今の嫁である

彼女と出会ってからのことです。

僕の嫁はちょうど大分県の日田に住んでいたので、

仕事が終わった後に大分市から何度も夜に車に乗り、

湯布院を通過しながら高速や下道を利用し会いに行きました。

疲れや眠気があったにも拘らずただ彼女に会えるという気持ちで

車を運転して走った記憶は非常に懐かしいです。

そして、彼女と結婚することになり、仕事も大阪に転勤になりました。

日頃乗りなれた九州の街から離れ、愛車をフェリーに乗せ、大阪へ出てきました。

僕のRAV4にとっては初めての大阪の道路でしたが、

それから約5年走ってくれました。

旅行へ!しかし・・・

大阪に来てからは名古屋や三重の伊勢などいろいろな場所へ車で出かけました。

しかし、最後はもう老体に鞭を打って走っているような感じで燃費も悪くなり、

遠出する時は電車で行くようになりました。

そして車の利用の中心は近場を走る時だけになりました。

僕が車を買って13年後についにお別れの時が来ました。

新車に乗り換える決意をしました。

RAV4に感謝!

その理由は子供ができたからでした。

ドアがフロントに2つしかなかったので、

子供のチャイルドシートを設置して子供を乗せるときには非常に不便でした。

さすがに愛着はあるものの、その不便さはなかなか耐えがたいものでした。

もちろんすでに20万キロ以上走っていたので

維持管理だけで無駄にお金を払うのももったいないとも思っていました。

長年にわたり僕と一緒に行動してくれたRAV4には感謝でいっぱいでした。

たくさんの思い出をRAV4と一緒に残せたことが幸せです。

今頃はどこかアジアで走っているのではないかって想像しています。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA